Sometime,Everytime.

クリーニングの仕事をしています。物欲にまみれています。美味しいものにも弱いです。

大雪でした。

姫路にしては、よく降った方です。

f:id:sometomo:20160120225012j:plain

 

 雪質は最高!

 普段滅多に雪が積もらない地域故、少し積もると大混乱です。すでに一台、通った跡があります。いつもより少し早めに出勤しました。

 

 

f:id:sometomo:20160120225202j:plain

 「え、もう行くん?」起こしてごめんね。

 

 雪のたびに思うのですが、ハッキリ言ってスキー場なんかより全然大したことない雪量です。しかし渋滞する…

 安全運転なら良いのです。しかし渋滞の原因はそれではありません。

 姫路で雪が積もった朝の通勤路でよく見かけるもの。

 それは「未対策のまま飛び出してタコ踊りした末に道をふさいでしまう」という哀しき道化師。

 チェーンなり、スタッドレスタイヤが準備できなかったのだと思います。確かに、スタッドレスタイヤなどは高価です。事実上、ホイールも別に用意することになりますから尚更です。金属チェーン比較的安価ですが、装着が非常に手間取ります。樹脂チェーンはそれでもまだ装着の難易度は低い方ですが、誰でも出来るかとなると難しいと思います。出来ない、と感じるものを購入するか。しないと思います。

 常々思うのですが、こういった「安全に運転するため」の装備は標準化できないものなのでしょうか?

 ハイブリッド車は割高であるにもかかわらず、減税などの後押しもあり広く普及しています。ナビゲーションなどを付けて販売するキャンペーンをよく見かけますが、本当にそれは必要なものなのでしょうか。

 本当に必要なのは、危機に陥ることを回避するための装備では無いのでしょうか。

 衝突安全性を高めたボディも素晴らしいですが、衝突をさせないための装備(=働きかけ)も素晴らしいと思います。

 かけるべき場所にコストをかけ、起こってはいけないことを抑制する。

 少しずつでもタコ踊りが無くなればいいな、と思います。

 

広告を非表示にする